コラム 「RPAの気になる話」

WinActorでブラウザのエラーがでた時の調査手順

2021.12.09

「スクリプトの実行に失敗しました」

ブラウザの起動に限りませんが、よく見る(あまり見たくない)エラーです。特に、ブラウザ起動時に出てしまうと、何が悪いのか、どうすればいいのかと途方にくれることになります。このエラーの調査方法について説明します。

1. 「SPVエラー情報収取」ノードを上手に使う

 ヒントはエラーメッセージの中にある「spv」です。WinActorにはSPVエラーを調べるための「SPVエラー情報収集」ノードがあります。

01_WinActor制御 > 07_デバッグ > SPVエラー情報収集

このノードは収集したエラー情報をクリップボードにコピーします。ライブラリの02_エラー処理にも「エラー情報収集」というノードがあります。こちらは実運用で起きたエラーの情報を残すためによく利用します。

 では「SPVエラー情報収取」の使い方を見ていきましょう。例外処理でエラー発生のノードを囲み、その異常系処理の中にノードを配置します。例えば、ブラウザ起動でエラーが発生している場合は、以下の図のようになります。

 

実行すると、収集されたエラー情報はクリップボードにありますので、メモ帳などに貼り付けると表示させることができます。エラー情報は、例えば次のようになります。

 

ここから何がわかるでしょう。慣れないうちは「Error」「unkown」「not」「cannot」などのキーワードに注目すると良いでしょう。今回、例に示したエラー情報では1行目に

This version of ChromeDriver only supports Chrome version 89
Current browser version is 91.0.4472.124

とあります。つまり、WinActorWebDriveでサポートしているChromeversion89だけですよ。ですがChromeversion91.0. 4472.124になっていますよ、という訳です。もうお分かりですよね、この例のエラー対処は、

  1. WinActorで使用するWebDriverを更新する
  2. もしくはWebDriverの自動更新機能がある、WinActor Ver 7.3にバージョンアップする

になります。

注意:
SPVエラー情報収集」は調査に使用するだけです。調査が終わってエラーが解消したらシナリオから除外するのを忘れずに。

 

2. よく見るブラウザのエラー

この他にも、いろいろなエラーパターンがあります。よく見るエラーを表にまとめておきました。

エラーメッセージ エラーの意味と対処
Chrome not reachable・・・ Chromeが認識できていません。そもそもChromeが正しくインストールされているか確認しましょう。
unknown error・・・ WebDriverが原因のことが多いです。「・・・」の詳細を確認しましょう。
element not interactable・・・ よく起きるのはClick処理時です。ページ内のアクティブ遷移に追い付いていないことなどが考えられます。要素はあるけど、今はだめ(アクティブになっていない)というエラーです。この時はなぜ追いつかないか、もう少し調査が必要です。
element not visible・・・ HTML上、要素が確定できいません。Xpathなどの見直しが必要です。
no such element・・・ 存在はしているはずなのに要素が認識できない時のエラーです。Xpathが間違っている(IDが可変など)の可能性もあります。

 HTML側に問題があることもあります。例えば、フレームワークを利用していたり、状態が変化する動的なスクリプトを使用していたりする場合です。例えば、HTMLソースにPHPJavaScript

 <script> </script>

で含まれていて、対象要素もこの<script>タグで囲まれている場合です。これらのスクリプトがHTMLソースの対象要素を動的に変更することがあるので、ブラウザに表示され、WinActorで操作しようとした際、対象が見つからず取得不可、エラーとなることがあります。

また、静的なHTMLであってもテーブル構造(<td>要素など)にも注意が必要です。一般的なHTML構文なので取得できると思いがちですが、最近では作りが凝ったサイトが多く、テーブルも複雑で、要素取得が難しいというケースもあります。こういった作りの場合、Xpath指定では難しいので、「画像マッチング」をはじめとする「輪郭マッチング」、「OCRマッチング」、「エミュレーション」操作など、Xpathを使用せずに対処する方法もあります。

 

3. 困った時に聞きたい

シナリオ開発にエラーは付きもので、シナリオ開発の初心者もエキスパートも同じように苦労させられます。でも、たいていのエラーは誰かが経験済み(対処済み)で、教えてもらえれば、すぐに解決できます。逆に言えば、教えてもらえれば解決できるエラーを一人で悩んで時間が過ぎてしまうことほどもったいないことはありません。

CACでは、困った時に聞ける開発ヘルプデスクサービスも行っています。ご関心あればお問い合わせ下さい。

関連記事

RPA技術レポート無料ダウンロード

美しいコードをみると感動する、美しいワークフローの作り方
美しいコードをみると感動する、美しいワークフローの作り方
ダウンロード ダウンロード
UiPath・WinActor製品比較表
UiPath・WinActor製品比較表
ダウンロード ダウンロード
RPAワンストップサービス 導入事例ブック
RPAワンストップサービス 導入事例ブック
ダウンロード ダウンロード

CAC RPAセミナー

水曜お昼30分、オンライン・無料で開催。RPAで業務自動化・改善を進めるためのヒントをお届けします。

RPAオンラインセミナー

よくある質問(FAQ)

Q どんなセミナーがあるか教えてください。
A

10月は

  • 自分で改善!草の根導入でRPA自社開発を立ち上げる
  • 保守しやすいは正義!美しいワークフローの作り方
  • 紙にもRPA、AI-OCR連携で始める紙業務デジタル化
の3つのセミナーを週替わりで行っています。

Q セミナー受講後、個別に相談はできますか?
A

はい、できます。こちらのフォームから打ち合わせ時間をご予約下さい。担当者からご連絡させていただきます。

RPAセミナーに申し込む