WinActorとは

WinActorは、汎用型RPA製品の中で最も開発が容易です。
業務手順を一連の「シナリオ」として記録するだけで定型作業を自動化させることができ、
システム導入の大きなハードルである「技術の習得」・「開発・運用開始期間」の問題を解決できます。

直感操作でRPA開発
各部門の定型作業を簡単に自動化

  • 容易な開発環境
    プログラミングの知識や経験のない担当者でも、Excelマクロによる自動化経験などがあれば開発が可能です。
  • 定期的な自動実行
    管理サーバなしで、タスクスケジューラを利用した定期的なシナリオ自動実行が可能です。
  • 低価格・短期間導入
    PC1台から導入できるクライアント型製品で、低価格。普段の業務を記録して自動化させる操作記録型のため、誰にでも簡単にご利用いただけます。
  • 純国産システム
    NTTグループが開発した純国産製品であり、サポートが完全日本語に対応しているため、安心して導入することができます。

※WinActor®はNTTアドバンステクノロジ株式会社の登録商標です。

Winactorはこんな業務を効率化します

1.稟議書を
メールで自動送信

WinActorがExcel形式の稟議書から情報を読み取り、承認/不承認に応じて回付メールを自動作成。人が操作することなく、適切な宛先(回付先)がセットされ、必要書類も自動添付。会社全体で稟議書にかかる時間を削減できます。
稟議書をメールで自動送信

2.在庫がなくなる前
にメーカーへ見積り依頼

在庫がなくなる前にメーカーへ見積り依頼
在庫がなくなりそうな商品のリストアップ、メーカーへの見積り依頼、納品日の予測、顧客へのFAX連絡、という一連の作業をWinActorで自動化。在庫担当者の業務負荷を大幅に減らすことができます。
在庫がなくなりそうな商品のリストアップ、メーカーへの見積り依頼、納品日の予測、顧客へのFAX連絡、という一連の作業をWinActorで自動化。在庫担当者の業務負荷を大幅に減らすことができます。
在庫がなくなる前にメーカーへ見積り依頼

3.面接以外の
採用業務を自動化

応募者への面接日連絡、採用テストの採点、面接担当者のスケジュール管理など、面接以外の事務的業務を自動化。メールやチャットをWinActorが素早く正確に自動操作することで、採用業務の軽減だけでなく、採用効果を高めることもできます。
面接以外の採用業務を自動化

RPA導入までの流れ(クイックスタート)

お客様のビジネスや業務についてヒアリングをさせていただき、業務自動化に対するニーズと現状課題を整理。
独自のフレームワークを活用し、RPAで効果が見込まれる業務を選定、トライアルによる効果検証を行います。
効果をのあるシナリオは、そのまま運用フェーズに移行。PDCAを続けながら適用範囲の拡大を検討します。

これからRPAに取り組む場合

お客様のビジネスや業務についてヒアリングをさせていただき、業務自動化に対するニーズと現状課題を整理。独自のフレームワークを活用し、RPAで効果が見込まれる業務を選定。ニーズに合ったRPAツールによってシステム環境を整備した後、トライアルによる効果検証を行います。

効果を検証できたら、本格的にシナリオを開発、業務へ導入し、ロボットが行う業務の定着・安定化を目指します。日々のロボット管理・運用オペレーションを通じ改善を積み重ね、文書化・標準化といった環境整備を行い、 RPAの全社展開へと繋げていきます。

RPA計画やトライアルが済んでいる場合

RPA計画やトライアルが済んでいて、すぐにシナリオ開発に進みたいお客様の場合、対象業務や使っているRPAツールを確認させてください。要件確認後、シナリオ開発へと進みます。シナリオを業務へ導入し、定着・安定化させ、オペレーションを通じ改善を積み重ね、文書化・標準化を行い、RPAの全社展開へと繋げていく流れは同じです。

CACのRPAワンストップサービス

CACでは、WinActorのエキスパートや認定講師が多数所属しており、
WinActorの導入から実装・導入後の運用まで、ワンストップなサービスをご提供します。

  • RPA導入サービス
    RPAの導入計画作成、業務分析や効果試算といったシナリオプランニング、シナリオ作成を実証された方法論とフレームワークに使ってご提供します。
  • RPA運用サービス
    システム運用のノウハウを活かし、シナリオの保守・ロボットのアクティビティモニタリング、その他運用時に必要なさまざまなサポートを安定的にご提供します。
  • RPAロボットフレンドリー開発
    RPA導入が難しいとされているシステムを分析。CACが提供する「AZAREA_Gene」を利用することで、ロボットフレンドリーな画面を高速かつ確実に作成することが可能です。
  • RPAハンズオントレーニング
    シナリオ開発・保守担当者を対象とした少人数トレーニング。シナリオの開発や保守を自社で行いたい企業様向けのトレーニングです。
  • RPAライセンス
    貴社の業務内容やRPAの狙いをヒアリングさせていただき、ニーズにあったRPA製品を選定。計画にあわせてライセンスの発行を行います。