UiPath One-day
トレーニング
中級コース

「中級コース」はロボットはもう作れるが、ロボットの運用や保守に課題を感じている方向けのコースです。

トレーニングコース概要

UiPath One-dayトレーニング
中級コース
対象者 簡単なロボットであれば、自分で作成できる方
ロボットの運用や保守に課題を感じている方
目的 ・シナリオに例外処理を組み込むことができる。
・様々な業務要件に対応したロボットの作成ができる。
・基本的なエラーの原因調査・改修ができる。
・フレームワークの概要と使い方が理解できる。
・保守が容易な可読性の高いワークフローを設計できる。
参加人数 最大10名
価格 ¥50,000円(税別)
カリキュラム 【1. 初級編復習】

【2. 例外処理】
2.1 例外処理とは
2.2 適切な例外処理
2.3 様々な環境に適応するロボット


【3. ワークフローの呼び出し】
3.1 引数について
3.2 カスタマイズ:ワークフローの呼び出し


【4. フレームワークから学ぶベストプラクティス】
4.1 フレームワークとは
4.2 可変的なパラメーターの保持
4.3 ログ取得について
4.4ステートマシンの使用方法


【5. 安定稼働させるためのコツ】
5.1 コツ①:読み取り専用Excel
5.2 コツ②:可変的なセレクター
5.3 コツ③:「クリック」アクティビティの代替案
5.4 コツ④:エラー時引数の取り扱い


【6. 総合演習】

【7. 付録】
7.1 Citrixアプリケーションの自動化
7.2 パブリッシュについて
7.3 主要な.Netメソッドの紹介
7.4 ワークフロー作成時のTips集
7.5 よくあるエラー内容
7.6 RPA開発の流れ
7.7 全社展開時の検討事項
7.8 サポートについて

RPAトレーニング
中級コース開催情報

※2019年中に開始予定ですので、ご期待ください。