RPA化対象業務の収集には、通常のヒアリングや募集だけでは不十分と考え、CACとUiPath社の協力のもと「課題抽出ワークショップ」を行いました。

社内の様々な部署の担当者が参加して「なんとかしたい」業務を出し合うワークショップの形態としたことで、それまで出難かった非効率な業務を多数抽出することができ、RPAによる継続的な改善のスタートを切ることが出来ました。

※課題抽出ワークショップは2019年10月に実施しました。

経営統括総部
経営統括総部のみなさん

企業情報

社名 旭化成メディカル株式会社
代表者 代表取締役社長 住吉 修吾
創業 1974年7月24日
資本金 30億円
旭化成株式会社 100%
従業員 3,000名(2020年3月末)
事業内容 医療機器の開発・製造・販売
ダイアライザー(人工腎臓)及び関連商品の開発・製造・販売
血液浄化(アフェレシス)商品の開発・製造・販売
輸血用白血球除去フィルター(セパセル)の開発・製造・販売
生物製剤精製工程用ウイルス除去フィルター(プラノバ)などの開発・製造・販売
※旭化成メディカルMT(株)の事業内容含む
本社 〒100-0006
東京都千代田区有楽町一丁目1番2号
日比谷三井タワー
主要事業所 東京・大阪・名古屋・福岡・広島・高松・仙台・札幌
大分地区(人工腎臓工場、アフェレシス工場、セパセル工場、プラノバ大分工場)、延岡地区(岡富工場、プラノバ工場)、A-square(アフェレシス・テクノロジー・スクエア)
関係会社 旭化成メディカルヨーロッパ(ドイツ100%子会社)
旭化成メディカルアメリカ(米国100%子会社)
旭化成医療機器(杭州)有限公司(中国100%子会社)
旭化成バイオプロセスヨーロッパ(ベルギー100%子会社)
旭化成バイオプロセスアメリカ(米国100%子会社)
旭化成医療科技(張家港)有限公司(中国100%子会社)
旭化成メディカルMT(国内100%子会社)
メテク(国内100%子会社)
旭化成生物工程(上海)有限公司