RPAのためのシステム開発で、こんな悩みありませんか?

  • 「複雑・少量・多様」、シナリオが複雑で、RPAが導入できない画面がある
  • RPAが導入できるよう画面を改修しようとしたが、時間・コストがかかりすぎる
  • 「そのシステムはRPAに向かない」とシステム開発会社に言われたが、なんとかしたい
  • システム開発コストも業務運用コストも、セットで、とにかく最小化したい

RPA適用システムの開発を成功させるために

RPAを適用するシステムを開発する際は、入力画面の設計が重要となります。
レイアウト調整や複雑な入力チェックなどが設定された「人が作業しやすい入力画面」は、
ロボットに入力ルールや処理プロセスを認識させることが難しく、正しく認識させるために膨大な工数と費用がかかってしまいます。
さらには、RPA導入自体が不可能となる事態も起こりえます。

このような事態を避け、スムーズにシステム開発を進めるためには
「ロボットが処理を自動化しやすい」という観点から画面を設計することがポイントといえます。
ロボットフレンドリーな画面を簡単に作成できるソリューションを活用することで、システム開発成功に近づくでしょう。

AZAREAを利用したRPAのためのシステム開発

CACが提供する高速開発ツール AZAREA_Gene を利用すれば、 ロボットフレンドリーな入力・参照画面を高速かつ確実に作成することが可能です。

ロボットフレンドリーにすることで画面をシンプルに

システム開発事例

~スクラッチ開発と比較して75%の工数を削減~

AZAREA_Geneは、データベースを元に画面を高速開発するツールです。
特に、マスターメンテナンス画面の開発では威力を発揮し、生産性を顕著に上げることができます。
一方、複雑な入力チェックや、人が使いやすいレイアウトのためには、従来のエンジニアによる設計・開発もあわせて必要でした。
そこで、CACは「画面操作は人ではなくロボットが行うもの」と逆に考えました。
AZAREA_GeneとRPAを組み合わせることで、ロボットフレンドリーで高速な画面開発と、ロボットによる効率的な入力業務の両方を可能にしたのです。

実際、あるお客様のシステム開発事例では、マスターメンテナンス画面の開発工数をAZAREA_Geneで大幅削減。
さらに、複雑なトランザクション画面についても、ロボットフレンドリーな画面に設計を切り替えることで、 当初の見積と比較して開発工数をトータルで75%削減することに成功しました。